Blue Standard ブルースタンダード コーディネート

2014 Autumn/Winter

N-3B ダウンジャケット
  • N-3B ダウンジャケット
  • ¥30,000+税
ラネロッシケーブルクルーニット
  • ラネロッシケーブルクルーニット
  • ¥5,500+税
杢スラブストレッチテーパードパンツ
  • 杢スラブストレッチテーパードパンツ
  • ¥7,200+税

Comment

”空”のダウン
ネイビーならワイルド&シックに男が無条件に惹かれるミリタリーアウターの王様N-3B。
その迫力たるやシンプル&ベーシックなコーディネートに羽織るだけで申し分のない存在感だ。
控えめなボリュームに加え、ウエストコードによる自在なシルエットメイクで、ワンマイルからキレイめスタイルまで、幅広く活躍する汎用性の高さも頼もしい。

ホワイトダックダウンジャケット
  • ホワイトダックダウンジャケット
  • ¥17,000+税
ラネロッシショールプルオーバーニット
  • ラネロッシショールプルオーバーニット
  • ¥7,000+税

Comment

”山”のダウン
鮮色でグッと見映えのする装いにクラシカルなアウトドアテイストのダウンは、スポーティで軽快な雰囲気が持ち味。
またダークトーンに偏り、着こなしが味気なく見えがちな季節だけに、ビビッドなカラーを選べば一気に新鮮な印象に仕上がる。
いつものデニムスタイルを、簡単に見映えアップさせる一手だ。

N-3B ダウンジャケット
  • N-3B ダウンジャケット
  • ¥30,000+税
ラネロッシショールカーディガン
  • ラネロッシショールカーディガン
  • ¥7,000+税
杢スラブストレッチテーパードパンツ
  • 杢スラブストレッチテーパードパンツ
  • ¥7,200+税

Comment

フレンチダウンを使用したN-3Bジャケット。風の侵入を防ぐ比翼仕立ての前立てや袖リブ、
パタつきを抑えるボタン付きポケットなど機能性に優れたディテールを採用。
やや長めの着丈で、ジャケットの裾がちょうど隠れる長さなのでオンスタイルでも着用しやすい。
抜群の防寒性を誇るので、中には薄手のセーターやニットを合わせるだけでOK。

ホワイトダックダウンジャケット
  • ホワイトダックダウンジャケット
  • ¥17,000+税
ラネロッシケーブルクルーニット
  • ラネロッシケーブルクルーニット
  • ¥5,500+税
杢スラブストレッチテーパードパンツ
  • 杢スラブストレッチテーパードパンツ
  • ¥7,200+税

Comment

昨年好評を得たダウンジャケットが、色バリを拡大して今年も登場する。
ダボつきのないシルエットと着る人を問わないスタンダードデザインベースに、
ほんのりアウトドアなテイストをプラス。フードは着脱可能で、リブカラーを強調したスタイルも可能です。
インナーにはシンプルなセーターを合せわせるのが◎

WフェイスPコート
  • WフェイスPコート
  • ¥16,000+税
ラネロッシタートルネックニット
  • ラネロッシタートルネックニット
  • ¥7,000+税
杢スラブストレッチテーパードパンツ
  • 杢スラブストレッチテーパードパンツ
  • ¥7,200+税

Comment

今季の気分はビッグチェックの柄アウター。
着こなしの主役として存在感を発揮する反面、コーディネートが難しかったり、ときに悪目立ちしたり。
しかし落ち着き感のあるネイビーの一着なら派手にならず、洗練された都会的な佇まいに。
こちらのウインドペーンのピーコートが、それを証明している。

Wフェイスミドルダッフルコート
  • Wフェイスミドルダッフルコート
  • ¥16,000+税
ラネロッシケーブルクルーニット
  • ラネロッシケーブルクルーニット
  • ¥5,500+税
カラーストレッチテーパード
  • カラーストレッチテーパード
  • ¥4,900+税

Comment

ダークトーンに偏り、
イマイチ垢抜けない冬のカジュアルを一発で新鮮に見せられるのが、カラーアイテムの存在。
その彩りを引き立てながら、全体を引き締めてくれるのがネイビーだ。
鮮やかなマスタードカラーとのコントラストが小気味良い。

スライバーニットコート
  • スライバーニットコート
  • ¥16,000+税
ラネロッシチェックシャツ
  • ラネロッシチェックシャツ
  • ¥4,500+税
カラーストレッチチノ
  • カラーストレッチチノ
  • ¥4,900+税

Comment

ボリュームのある首周りが目を惹くデザイン性の高いフーデッドコート。
こうした遊び心に富んだ個性派は、羽織るだけでお洒落度アップ。
ただしアウターが浮いて見えぬよう、定番色のネイビーでシックに落とし込むのが正解だ。

アーカイブ

Page Top